資料請求・お問合せ

042-725-1287(月~金:10〜17時)
info-tushin@mdc.ac.jp

通信教育部 アクセス

通信教育について

講師インタビュー

受講生座談会(平成27年度生)

町田・デザイン専門学校を知った理由・選んだきっかけは?

K.M.さん
私はHPをいろいろ検索していて、町田・デザイン専門学校の通信教育を知りました。
T.N.さん
私もHPで知りました。職業柄、建築士の資格を取得しようと考えており、学校を探していました。
大学の通信教育も検討したのですが、修業年数が長い…4年間だったので、諦めていたんです。そんな時、町田・デザイン専門学校の通信教育に認可が下りそうだと知り、ずっと開講を待っていました。
K.O.さん
私は宮城在住ですが十分通える距離ですし、仕事と両立可能だと思い入学しました。
就業が2年間なのも魅力的でした。現在、現場監督や施工の仕事をしているので、各方面の知識を習得したいと思ったのも理由のひとつです。
K.M.さん
(大工の)現場では、「二級建築士がないくせに」と言われることもしばしば。あきらかに現場での待遇に差が出ます。また、もしも事故が起こった場合、無免許だと問答無用で責任を負うことになりますから。必要に迫られて、二級建築士を取得しようと思いました。
当初は独学で取得しようと思っていましたが、受験資格がなかったので学校へ通おうかと。地元の宮城にある学校は、全日制ばかり。仕事をしながらの通学は諦めていました。そんな時、町田・デザイン専門学校の通信教育を知り、ステイタスにもなるし東京で学ぶことにしました。
T.S.さん
将来的に自分でハウスメーカーをやりたいと思い、二級建築士の受験を決意しました。従来のものとは一味違うものにしたいという思いもあり、知識を身につけることも想定してデザインも学べる学校を探していました。東北にはそういう学校がないですし。
町田・デザイン専門学校を知ったのは、入学する2ヶ月前。仕事との両立ができるか迷いもあったので、メールや電話で相談させていただきました。その説明を聞くうちに、「これを逃せば、後がない!」と思い入学にいたりました。
T.K.さん
仕事をしながらの資格取得はキビしいかなと思ったんですが、HPで町田・デザイン専門学校のことを知り、まずは【入学説明会】に参加しました。そこで「やはり学びたい」という思いが強まったのと、今後は関東近辺で仕事をしてみたいという思いもあり、選びました。

4ヶ月経って、授業の印象は?

K.M.さん
勉強の範囲が思っていたよりも広かったので、ついていけるように頑張っています。自分で決めたことなので、全く苦にはならないです。
今のところ「好き」という思いが勝っているので、どの教科も学ぶことが楽しいですね。
T.S.さん
「インテリア」とか「カラーコーディネート」の授業が学べるのが役立ちます。今の仕事にも直結しそうなので、学ぶのが楽しいですね。
苦手なのは、「建築製図」。道具もまだ使い慣れていないので、まずは手に道具を慣れさせることから意識しています。
担任
実際の二級建築士試験を受験するのは、2年後です。
前期はキレイに正確に線を描くことを心がけ、後期は課題を反復して描く練習が必要になります。描くスピードを早くするのがポイントですね。
K.O.さん
仕事と両立して学校へ通うのは大変ですが、自分の仕事が広範囲にもかかわらず、授業内容がそのまま活かせるのが良いと思っています。授業の一つひとつが仕事に役立ち、毎日が充実して楽しいです。
苦手なのは、「建築史」。なかなか頭に入りづらいですが、楽しみながら覚えるようにしています。
担任
二級建築士試験で「建築史」は、似たような問題しか出題されていません。過去問で勉強すれば慣れてくるので、大丈夫だと思いますよ!
T.N.さん
はじめは学習量か分からなかったので気になっていましたが、思っていた程ボリューム差がなく、今のところ仕事と両立できています。 
eラーニングの良いところは、一回映像を止めて学習できるところですね。実際の授業だと、黒板に書かれた内容を書きながら聞くのが大変ですから。
また、初めはクラスの皆と、どうコミュニケーションをとろうか悩んでいました。でも、今では仲間も増えて、毎回楽しい雰囲気の中で勉強できています。2年後は、ぜひ皆と笑顔で卒業したいですね。
苦手なのは、「建築史」。日常で聞きなれない単語を覚えるのが大変です。
好きな授業は、「建築概論」のパースが楽しいです。
基本的に試験というのは、正解を求めて解いていきますが、「建築製図」には正解がなく、自分なりの感性が磨けるのが良いですね。
K.M.さん
“建築”というと物理とか理系の印象でしたが、【入学説明会】に参加して、不安が解消できました。実際に勉強を始めてみたら、今のところは何とかついていけそうな感触です。
私は入学前、「通信教育だと、きっと全国から受講生が通うだろうな」と思っていました。環境も職種も違ういろんな人たちと知り合えるかもしれないと思い、わくわくしていたんですよ。今では授業後の飲み会も恒例になっていて、とても楽しいです(笑)。
好きなのは飯田先生の授業で言う、ちょっとしたシャレです(笑)。レポートのコメントもすごく良いんですよ…読んだら思わず、モチベーションが上がってしまいます。
苦手なのは、「カラーコーディネート」。やってみると奥が深くて…、本を斜め読みしては太刀打ちできないぞ!という印象です。…真面目に勉強したいと思います(笑)。

学校への要望について。

K.O.さん
二級建築士受験の対策(ポイント)を今から知りたいのですが。
担任
受験は2年後ですが、HPに更新できるように検討します。
T.N.さん
皆さん、eラーニングの学習量はどうですか?多い?少ない?
丁度良いと思います。
K.O.さん
ポイントをかいつまんでいるので、丁度良いですね。
T.N.さん
通学制の授業と比べて、通信教育のボリュームは?通学制の方が、圧倒的に授業時間が長いじゃないですか。もっと授業を細かくやっているという印象ですが…
担任
「建築法規」の場合は通学制だと、基本的なことを徹底的に指導しています。その後、実際の問題を解かせるというようなスタイルです。
通信教育の受講生の皆さんは、二級建築を受験する方がほとんど。そのため、映像(eラーニング)では、分かりにくい箇所を丁寧に指導するよう、心がけています。
たとえば、「建築法規」だと試験ではテキストは持ち込めませんが、法令集は持ち込めますよね。 これの“どこに何が書いてあるか”を映像では、必ずフォローしています。
まずは映像で分かりにくい箇所をフォローし、次に過去問を解いてもらうという流れなので、だいたいの問題は解けるような構成になっています。
なるほど!
担任
本日は貴重な時間をいただき、ありがとうございました。
通信教育が開講して4ヵ月、皆さんの現状や要望をヒアリングする良い機会となりました。今後もいろんな意見をいただきながら、通信教育の授業の充実を目指していきます。
T.N.さんの言葉ではありますが、受講生の皆さんが全員二級建築士試験に合格できるよう、頑張っていきましょう!
ありがとうございました!

(取材日:2015年8月)

在校生インタビュー

町田・デザイン専門学校の通信教育課程も開校から3年が経過し、在校生も徐々に増えてまいりました。
そこで、在校生お二人に在学中のお話をお聞きすることができたので、ご紹介したいと思います。
入学を検討している方は、ぜひご参考になさってください。

まず、なぜ町田・デザイン専門学校の通信教育課程を選んでいただいたかについてお聞きしました

鈴木さん
学校選びの際、働きながら通うことができ、建築士の受験資格が得られる学校を探していました。
働きながらという点を考えると、全日制の大学・専門学校は私には向いていないと判断し、最初は夜間の学校でさがしていました。
ですが学費や、毎日の通学、働きながら…と考えるとなかなか踏み込めませんでした。
調べているうちに、通信制の専門学校で受験資格が得られる学校があると知り、mdcにたどり着きました。
できたばかりの学科だったので不安でしたが、説明会にいき実際に学校を知ることで、働きながらでも通うことができそうだったのと、学費もかなり抑えられていて、mdcなら頑張れそうだなと思って入学を決めました。
笠原さん
工業高校で建築を学び、卒業後に現在の会社に入社する際に、会社の社長より「専門学校に通って建築士の受験資格を取らないか」という提案を受けたのがきっかけです。
国内で建築士の受験資格を取得できるを学校は数多くありますが、平日仕事をしながら学習を続けられる通信制の学校は数が少なく、地元でも建築士の資格を取得できる専門学校はあったのですが、そこは平日の水曜日しかスクーリングがないため仕事の関係で通うことができませんでした。そこでさらに探してみると、町田・デザイン専門学校の通信教育課程を見つけました。
今、住まいが新潟なので東京では少し通うのが大変かなと思いましたが、新幹線を利用して通えないこともなく、なにより周囲からの強い勧めもあって頑張ることに決めました。

次に、それぞれ現在はお仕事をしながら学ばれていますが、現在のお仕事についてお聞かせください。

鈴木さん
現在は、木材のプレカットや構造計算をする会社でCADのアシスタント業務をしています。
少しでも建築関係の実務に触れたいと思い、入学してから働き始めました。
勉強しているときでも、この言葉はよく仕事で使うな、とか、日々図面に触れているおかげで理解も早かったです。
入学前はアパレル関係、役者などいろいろな職業についていて建築の仕事は一切してこなかったのですが、入学前にインテリアコーディネーターの資格を取得したのをきっかけに、あわせて二級建築士の資格も取得しようと思ったのが決め手になりました。今は勇気を出して踏み込んでみて良かったと思っています。
笠原さん
私は、総合建築会社で鉄骨工事の図面作成の仕事についています。主に、工場加工用の図面および工事現場に提出する図面の作成になります。
工事の流れを作るのに欠かせない仕事ですが、働き始めてからまだ2年なので、わからないことも多く、あたふたしながらもやりがいを感じながら働いています。

2年間の学校生活を振り返っていかがでしたか。

鈴木さん
最初の頃は、とにかく生活リズムの中に勉強を取り込むのが大変でした。
でも大変だと思うだけではなく、大人になってからこんなに勉強する事ってあんまりないし楽しんじゃおって気持ちもありました 。
なので、校外学習は遠足気分でしたし、課題は大変でしたけど自分の頭の中を形にしていく工程は好きでした。
それと、いろんな世代、職種の友達ができたのは通信課程ならではと思います。
齢をとるにつれて、世界って広がるようで狭まるので、ここで少し広がったかな?なんて思います。
そのうち仕事で再会したりするかもしれないですね(笑)
笠原さん
最初に思いつく言葉は「大変だった!」ですね。新潟からのスクーリング参加なので、気軽に行ける距離ではなく、また、会社からの勧めで通学させてもらっているため、そのプレッシャーも少なからず感じていました。
ただ、今思い返してみると、楽しい友人も多くできましたし、元々高校で建築を学んでいたこともあって、製図や力学等はみなさんが感じている苦労はあまりなかったです。
また、課題を進めるにあたっても、周囲の人のいろいろなアイデアに刺激を受けることができたのも勉強になりました。

2年間の中で意欲を持って臨んだことはなんですか。

鈴木さん
日々の生活で、いろんなものの見方を意識的に変えていきました。
お店の内装だったり、マンションのチラシだったり、雑誌の言葉選びだったり。
特に言葉選びでは自分の引き出しを増やす為に色んな本を読みました。
どんなにおしゃれで、いい設計をしてもプレゼンのときに、言葉のセンスがイマイチだと全然魅力が伝わらないということに気が付いたのです。
1年の時にクラスメイトが作品につけていたタイトルがたった一言でその家の魅力を引き出していて、これだ!と思いました。
これに刺激を受けて、2年の課題は言葉のチョイスがおしゃれになったと思います(笑)
あとは全体的に心に決めていたことはありました。
「すぐやる、今やる、明日やろうはばかやろう!」
をモットーとしていて、勉強に限らず、とにかく後回しにしない様にしていました。
科目の好き嫌いはあったのですが、得意な科目からどんどん終わらせてタスクを減らし、パンクしてしまわないように調整していました。
笠原さん
自分は基本的にデザインを学ぶことや設計をしていくよりも図面を書き上げることが好きなので、製図やCADの授業に気合を入れて臨んでいました。
特に製図については、建築士の試験でも大きな比重を占めているので、実際に仕事で製図に取り組んだ周囲の人の助言にも耳を傾けるようにしていました。
この部分は、今後の建築士の試験でも役立つと思います。
通信教育は、課題の提出、eラーニングの視聴、試験勉強、スクーリングの出席といろいろと大変で、仕事をしながらという制約の中では、課題提出がぎりぎりになってしまうこともあったので、これから入学を考えている方は、1週間に確実に進める量を決めてこなしていくほうがよいと思います。

最後にこれからの二級建築士試験抜けて一言お願いします

鈴木さん
毎日、今日だけがんばるんです(笑)
笠原さん
気が付いたらまだまだ先だと思っていた試験が目の前に迫ってきているので、日建学院に通いながら対策を立てていきたいと思います。

二級建築士試験最終合格者講演

講師:小原 航二さん
平成27年4月町田・デザイン専門学校二級建築士受験科入学。
平成29年3月卒業後、町田・デザイン専門学校が提携している日建学院の合格講座を利用して二級建築士試験を受験し、学科試験、製図試験を突破して合格。

3月4日(日)二級建築士受験科のスクーリング後に卒業を控えた在校生を前に、町田・デザイン専門学校通信教育課程卒業後、建築士受験に至るまでの受験生活について語っていただき、在校生へのエールを送っていただきました。
ここでは、講演の内容を簡単にまとめましたので、二級建築士を目指して入学を希望する方々の参考に供したいと思います。

① 卒業後7月の学科試験に向けて

小原さん
卒業後、すぐに日建学院の学科試験の講座が始まりました。
学科試験は、午前中に建築計画、建築法規、午後に建築構造、建築施工と行われます。
それぞれの科目は、細かい知識も問われ範囲が広いため、卒業後のわずか3か月あまりで全範囲をカバーするのはなかなか大変です。
心掛けたのは、全範囲を一通り学習すること、予習・復習を徹底すること、そして学科試験には足切りがあるため(1科目でも12点未満があると不合格)、自分の苦手分野を見つけて克服することなどです。
町田・デザイン専門学校時代は、勉強があまり得意なほうではなかったので、ほぼ毎週ある講座の予習・復習も含めて1日3~4時間は勉強しました。
また、自己管理も大切です。勉強時間を確保するために早朝型に切り替えて、毎日の勉強時間を確保するようにしていました。

② 学科試験合格後製図試験に向け

小原さん
学科試験の自己採点で合格圏内に入っているとわかった日から、すぐに製図試験の勉強に入りました。
製図については、町田・デザイン専門学校でも書いてはいましたが、最初に課題に沿った図面5面を仕上げるのに12時間もかかりました。
実際の試験では、課題を読み取り、プランを立てたうえで、図面5枚を5時間以内で仕上げなくてはならないため、まずは図面を早く書きあげる練習を1か月間ひたすら徹底しました。
その際に、図面を書く手順を自分なりに決めて短縮を図ることとし、このときは1日に6~7時間かけて図面を書く練習をしました。少し慣れてきた段階で、同じ図面を繰り返し書き、最初の1か月で5時間以内に仕上げられるように努力しました。
今は、こんな短時間で仕上げるのは無理と思っている方も、練習すれば短時間で図面は書けるようになりますので、頑張ってください。
後半の1か月余りは、課題に対して合格可能なプランを立てることに集中しました。
仕事をしながら、二級建築士試験の合格を目指すのは、なかなか大変なことで、自分も最後の1週間は試験に間に合わせるために、会社に事情を話してお休みをもらいました。
このような努力をしたおかげもあって、試験当日は問題文の読み取りとプランで1時間20分、製図に3時間、見直しに40分とずいぶん余裕をもって試験に臨むことができました。

③ 最後に

小原さん
町田・デザイン専門学校の二級建築士受験科に入学してから、建築士の製図試験まで2年半。特に卒業してからの半年間は身を削る思いで勉強しました。
学科試験に合格すれば、製図試験に落ちてもその後の2年間は学科試験は免除されますが、このような思いをまた繰り返したくないという思いもあって、必死に時間をやりくりしながら勉強しました。
これから、町田・デザイン専門学校に入学して、二級建築受験を志している方も、仕事をしながらというハンデはありますが、ぜひ頑張り通していただきたいと思います。
pagetop